岸田首相は、12月9日の参議院代表質問の答弁において、「Go To トラベル」の再開時期について言及しました。

来年以降に再開が予定されている同事業について、具体的な再開時期は年末年始の国内の感染状況を見極めて検討していくということです。

目次

  1. 首相、「『Go To』再開は年末年始の感染状況を見極めて検討」

首相、「『Go To』再開は年末年始の感染状況を見極めて検討」

12月9日より、第207回国会の参議院代表質問が行われています。

岸田首相は同日、「Go To トラベル」の再開時期についての質問に対して「年末年始の感染状況等をしっかりと見極めたうえで検討してまいります」と答えました。

また実施方法については安全安心な仕組みを整えるとの方針を示しており、ワクチン接種証明書の活用などについては明確に回答しませんでした。

同事業の再開予定時期については、6日に木原副長官が民放のテレビ番組内で「1月末から再開」の方針を示しています。また13日には、茂木幹事長からも同時期の再開を目指すとの言及がありました。

岸田首相は9日の答弁で「専門家の意見なども踏まえて進めていく」という旨も伝えました。今後も慎重な姿勢で事業再開へと進めていく方針がうかがえます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる