東南アジアおよび台湾最大級のECプラットフォームであるShopeeは、今月「Shopee台湾」内に日本越境特設ページを公開しました。

2021年8月時点ではシンガポールのローカルモールのみオープンしていたものの、越境販売可能な国にフィリピンを追加するなど、順次EC市場の拡大を進めています。

なお、Shopeeはフィリピンでも最も人気のあるECプラットフォームの一つで、リサーチ会社の「YouGov」が発表したフィリピン市場でのブランドランキングは5位となっています。

目次

  1. 「JAPAN FINEST」がテーマ 日本直送品が一括で検討可能に

「JAPAN FINEST」がテーマ 日本直送品が一括で検討可能に

Shopeeでは日本直送品への高い需要を受け、Shopeeの各ローカルモール内へ日本直送品を集めた特設サイトの拡充を進めています。

台湾最大級のECサイト「Shopee台湾」、日本越境商品の特設ページ公開
(画像=▲Shopee内特設ページ:Shopeeプレスリリースより、『訪日ラボ』より 引用)

従来、Shopee内の検索を通じて比較・検討されていた日本商品ですが、日本直送品への興味関心の高まりを受け、Shopeeのローカルモールの売れ筋商品やカテゴリー別のおすすめ商品を厳選し、日本直送品が一つのページにまとめられています。

日本直送品を一つのページにまとめたことで、利用者はより多くの商品を一括で比較・検討することが可能となりました。

今回、台湾最大級のECプラットフォーム「Shopee台湾」内に日本越境特設ページが開設されたことで、日本産品へのさらなる注目度の高まりが期待されます。

また、開設に合わせた限定クーポンやセールの実施で、Shopee内で日本直送品を購入する消費者にとってリーズナブルな買い物が可能になるため、今後さらに日本産品を目的とした消費者を集めることが可能になると考えられます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる