モータリスト合同会社が、台湾のオートバイメーカーSYM(エス・ワイ・エム)のニューモデル「JET X」をラインナップに加えることを発表した。

前身となるJET14との大きな違いは、ステップスルーからホールド性の良いセンターフレームへの変更だ。その他、キーレスシステム、ゆとりのあるラゲッジスペース、ハザードコントロールスイッチなど、スクーター大国である台湾メーカーだけあって使い勝手の良さは申し分ない。

価格は363,000円 (税込み)、カラーバリエーションはレッド、ホワイト、ブラックの3色展開となっている。

目次

  1. JET X
    1. Specification

JET X

街中で注目を集めるアグレッシブなデザイン

ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=レッド、『Moto Megane』より引用)
ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=ホワイト、『Moto Megane』より引用)
ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=ブラック、『Moto Megane』より引用)

欧州市場で最も売れているJET14のDNAを受け継ぎつつ、これまでのSYMがこだわってきたステップスルーのデザインから、ホールドの良いセンターフレーム構造へ変更し、ワインディングも楽しめるモデルへと進化。

希望小売価格:363,000円 (税込)

ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=『Moto Megane』より引用)

高出力の水冷エンジンを搭載。エンジン内部を適切な温度を保てるように冷却水を循環させ、エンジン性能を向上させている。

ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=『Moto Megane』より引用)

キーレスシステムが搭載され、リモコンキーをポケットに入れたままでも、エンジンの始動・停止、ハンドルロックやシートを開けることが出来る。

ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=『Moto Megane』より引用)

必要な情報が一目でわかるLCDマルチメーターは、周りの環境に合わせてバックライトの明るさが自動的に変化する。

ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=『Moto Megane』より引用)

フルフェイスヘルメットを収納しても余裕のあるラゲッジスペース。グローブやレインウエアなどの装備品も一緒に収納できる。

ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=『Moto Megane』より引用)

ヘッドライトとポジションライトにはLEDを使用。夜間時の走行でも視認性は抜群。対向車もオートバイの存在を認識しやすくなる。

ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=『Moto Megane』より引用)

テールランプにもLEDを使用しているため、減速時に後方車へ減速していることが伝わりやすくなる。

ワインディングも楽しめる125ccミディアムスクーターがSYMから発売
(画像=『Moto Megane』より引用)

停車時や危険時など後方車への合図や警告を促すためのハザードコントロールスイッチを採用。

Specification

エンジン水冷4ストローク単気筒OHC4バルブ
総排気量124.6cc
ボア×ストロークφ52.4×57.8mm
最高出力9.3kW / 8,000rpm
最大トルク11.5Nm / 6,500rpm
全長×全幅×全高2000×760×1115mm
ホイールベース1350mm
シート高770mm
タイヤサイズ(F)110/90-14
タイヤサイズ(R)110/80-14
燃料タンク7.5L

リリース提供元:モータリスト合同会社

提供元・Moto Megane

【関連記事】
新旧X-ADVどちらも所有したオーナーだからわかる違いとは?
スクーター乗りの私が選ぶライディングシューズ3足
バイクで行くデイキャンプ。普段のツーリングにこれだけギアを追加すれば、簡単に楽しめる。おすすめ装備と荷物の積載方法を解説!はじめての「ソロ」・「デイ」・「キャン」第1回
遊び道具!? 仕事道具!? 一台あれば生活が激変し、QOLが急上昇する。道具(ギア)としての原付2種(125CCクラス)8台。
Kawasaki「Z900RS」の魅力をブラッシュアップするパーツ群“ARCHI(アーキ)”の魅力