目次
政府認証(JMCA)マフラー
 ・政府認証(JMCA)マフラーとは?

政府認証(JMCA)マフラー

先進のテクノロジーとクラフトマンシップが高次元で融合したアクラポヴィッチエグゾーストシステム。
そのクオリティ・サウンドを公道でも─。

たくさんのご要望に応え、「政府認証マフラー」(JMCA適合のマフラー)をAKRAPOVIC社と共同開発。
アクラポヴィッチはストリートシーンにおいても、ライダーに最高の性能と満足を約束する。

政府認証(JMCA)マフラーとは?

全国二輪車用品連合会(JMCA)にて排出ガス規制(一酸化炭素・炭化水素・窒素酸化物濃度)と音量規制(近接排気騒音・加速走行騒音)の測定を行い、政府より認可を受けたマフラー。

合格した製品の証として認証プレートが貼付けされており、一般公道でも走行可能。
それ以外の適合外マフラーについてはサーキット専用マフラーとして「RACING USE ONLY」のプレートが貼付けられる。

TRACER9 GT・CB1000R用政府認証マフラーが発売!
(画像=『Moto Megane』より引用)

JMCAの試験に合格したマフラーには、サイレンサー部分に認証プレートが貼付けされる。プレートはマフラーの背面(タイヤ側)にリベット固定され、一般公道でも走行が認可されている。

TRACER9 GT・CB1000R用政府認証マフラーが発売!
(画像=『Moto Megane』より引用)

サーキットでのみ使用可能なマフラーには、サイレンサー部分に「RACING USE ONLY」プレートが貼付けされる。一般公道で使用することは法律で禁止されており、違反した場合は法律により厳重に処罰される場合がある。プレートはマフラーの背面(タイヤ側)にリベット固定される。

TRACER9 GT・CB1000R用政府認証マフラーが発売!
(画像=『Moto Megane』より引用)

プレート設置個所

リリース提供元:株式会社アクティブ

提供元・Moto Megane

【関連記事】
新旧X-ADVどちらも所有したオーナーだからわかる違いとは?
スクーター乗りの私が選ぶライディングシューズ3足
バイクで行くデイキャンプ。普段のツーリングにこれだけギアを追加すれば、簡単に楽しめる。おすすめ装備と荷物の積載方法を解説!はじめての「ソロ」・「デイ」・「キャン」第1回
遊び道具!? 仕事道具!? 一台あれば生活が激変し、QOLが急上昇する。道具(ギア)としての原付2種(125CCクラス)8台。
Kawasaki「Z900RS」の魅力をブラッシュアップするパーツ群“ARCHI(アーキ)”の魅力