ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーは12月8日、Yahoo!乗換案内の「目的地ランキング2021」を発表しました。

「東京ディズニーシー」が2年連続で総合ランキング1位となりました。

目次

  1. ヤフー、Yahoo!乗換案内「目的地ランキング2021」を発表:東京ディズニーシーが2年連続首位

ヤフー、Yahoo!乗換案内「目的地ランキング2021」を発表:東京ディズニーシーが2年連続首位

ヤフーが発表した、Yahoo!乗換案内の「目的地ランキング2021」は、2021年1月1日~11月30日の期間中に、ユーザーがどのような場所を目的地として電車を利用したのか、利用状況を振り返るものです。

「Yahoo!乗換案内」で駅名以外の施設名を目的地に設定して、ルート検索を開始するごとに、1カウントとして集計されました。

2021年の総合ランキングのトップ10は以下の通りとなり、「東京ディズニーシー」が2年連続でトップに輝きました。

Yahoo!乗換案内「目的地ランキング2021」1位~10位

1位: 東京ディズニーシー
2位: 東京ガーデンシアター
3位: 横浜アリーナ
4位: ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
5位: 幕張メッセ
6位: さいたまスーパーアリーナ
7位: サンリオピューロランド
8位: 東京ドーム
9位: 東京ディズニーランド
10位: 大阪城ホール
東京ディズニーシーは、緊急事態宣言の発令により入場制限、開園時間の短縮などを実施していたため、10月までは2020年開業の「東京ガーデンシアター」が1位となっていました。

しかし11月の緊急事態宣言解除以降に検索数が増え、最終的に首位を守りました。

また、ホール・イベント会場での検索数が増加しており、「東京ガーデンシアター」のほか、18位となった「ぴあアリーナMM」など首都圏の大型イベントホールが圏外から大きくランクアップしました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる