目次
JALの高いサービス品質・安心安全・サステナビリティ

JALの高いサービス品質・安心安全・サステナビリティ

テンセントとの業務提携で注目されているJALは、APEX(Airline Passenger Experience Association)が主催する2021 APEX EXPOにて、サービス品質、安全・安心への取り組み、サステナビリティに関する取り組みの総合評価で世界最高水準と評価されました。
その結果、本邦航空会社として初めて「WORLD CLASS(世界クラス)」に認定されたと明らかになりました。
APEXは、北米を拠点にする世界最大のエアライン業界団体の一つで世界の航空会社、空港、エアライン関連サプライヤーなどが参加する非営利団体です。
「WORLD CLASS」は、今後ポストコロナ時代に航空会社へ求められる最も重要な価値を「高いサービス品質」、「安全・安心」、「サステナビリティ」と定め、世界トップレベルの評価を認定する アワードとして今年新設されました。
「APEX FIVE STAR」(APEXが世界中の航空ユーザーを対象に投票を行い、優れた商品・サービスを提供するエアラインが「APEX FIVE STAR」)に認定された航空会社を対象として、航空業界専門の監査会社「Yates+ Partners(イェイツ アンド パートナーズ)」が厳格な監査を行い、その結果をもとに選定されます。

WORLDCLASS認定 7社


今回「WORLD CLASS」には、JALを含む世界で7社のみが認定されました。
認定された7社は以下の通りです。

  • JAL
  • エミレーツ航空
  • KLMオランダ航空
  • カタール航空
  • サウディア
  • シンガポール航空
  • トルコ航空

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる