中国の大手テクノロジー企業、Tencent(テンセント)のクラウド事業部門であるテンセントクラウドは、日本航空株式会社(以下、JAL)と業務提携し、アフターコロナのインバウンド需要の回復を目指すことを発表しました。

目次
未来の「人を中心とした」交通システムの構築

未来の「人を中心とした」交通システムの構築

新型コロナウイルスが流行する前の2019年、日本のインバウンド市場において、中国人の訪日旅行者数は過去最高の959万人に達しました。

2020年以降は、新型コロナウイルスの影響が大きく、旅行者数は過去最高レベルまで減少し続けています。

しかし、その間も中国人旅行者にとって日本旅行の魅力は失われておらず、日本は今後も人気の高い旅行先であることに変わりはありません。

そのため、JALは今後回復・成長が見込まれる日本への観光事業を強化するため、テンセントクラウドが提供する「スマート交通ソリューション(We Transport)」の採用を決定しました。

テンセントクラウドとは?

テンセントクラウドは、業界をリードするクラウド製品とサービスを世界中の組織や企業に提供しています。 テンセントは、世界中にあるデータセンターインフラ(インフラストラクチャー)を活用し、金融、教育、ヘルスケア、小売、産業、運輸、エネルギー、ラジオ・テレビなどの幅広い業界に向けて、「スマートエンタープライズ」をキーワードに、先進技術を統合した包括的な解決策を提供しています。

それは、テンセントクラウドが幅広い業界をサポートしていることを意味します。

その中でも、テンセントクラウドのスマート交通ソリューションは、建設、管理、運用、サービスの4つの具体的な側面に焦点を当て、未来の「人を中心とした」交通システムの構築を目指しています。

中国でJALの存在感を高める

今回の業務提携により、月間アクティブユーザー数が12億6,000万人を超える「WeChat」のミニプログラムを通じて、航空券の販売や予約、決済、フライト情報の検索などを直接行うことができるようになります。

また、ソーシャル広告やWeChat公式アカウントなど、テンセントクラウドの「スマート交通ソリューション」を活用することで、日本に関心のある旅行者のニーズに合わせた効果的なプロモーション活動を最大化し、中国の観光市場におけるJALの存在感をさらに高めることが期待されます。

テンセントクラウド 先進的なインフラを提供

テンセントクラウドのインターナショナルシニア・バイス・プレジデントであるPoshu Yeung氏は、「テンセントクラウドは、安全で高性能なパブリッククラウドサービスプロバイダーとして、観光、小売、エンターテインメント業界をサポートする先進的なインフラ(インフラストラクチャー)を提供することをお約束します。」と述べています。

今回の提携により、中国の消費者に関する専門知識とこれまでの実績を活かし、最先端の技術と包括的なサービスを提供することで、より多くの中国の観光客の方々にJALの高品質なサービスの体験を促す方針です。