UNWTO(世界観光機関)は、11月30日から12月3日にかけてマドリードで開催された第24回総会で、直近の全面的な旅行制限へ異議を唱えました。

目次

  1. UNWTO、南アフリカ諸国めぐる全面的な旅行制限に警鐘

UNWTO、南アフリカ諸国めぐる全面的な旅行制限に警鐘

UNWTO(世界観光機関)は、11月30日から12月3日にかけて、マドリードで第24回総会を開催しました。

総会の中でUNWTOは、オミクロン株の発見を受け、南アフリカ諸国からの入国制限を行う国が相次いでいる状況に警鐘を鳴らしました。

全面的な入国制限は差別的で効果がないとして、WHO(世界保健機関)からの勧告に反していると非難し、制限は透明性が高く科学的な根拠に基づいて行われるべきだとしました。

コロナ禍以降、UNWTOは、公衆衛生と観光の維持を両立するため、協調的で根拠のあるアプローチを求めています。

ワクチン接種の進展と旅行は密接な関係にあるとして、すべての人が公平にワクチン接種の機会を得られるよう求めました。

UWTOは観光の再開に向け、あらためて世界の関係機関が連帯して行動していくよう呼びかけました。

<参照>
UNWTO:UNWTO CALLS AGAINST BLANKET TRAVEL RESTRICTIONS

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる