新型コロナウイルス感染症の変異株である「オミクロン株」の一種であるにもかかわらず、既存のPCR検査では他の変異株と区別できない「ステルス型」のウイルスが新たに確認されたと、英紙ガーディアンが報じています。

目次

  1. 検査で陽性症例を識別する機能が欠如
    1. 「ステルス型」、感染範囲は未だ不明

検査で陽性症例を識別する機能が欠如

ガーディアン紙は12月7日、PCR検査では他の変異株と区別できない「ステルス型」のオミクロン株が保険当局によって確認されたと報道しました。
ステルス型は通常の検査では新型コロナウイルスとして検出され、ゲノム検査ではオミクロン株として識別されますが、迅速な結果が得られる通常のPCR検査では識別されない可能性があるということです。

「ステルス型」、感染範囲は未だ不明

ステルス型は、南アフリカ、オーストラリア、カナダから最近提出された新型コロナウイルスのゲノムの中で最初に発見されましたが、すでにより広範囲に広がっている可能性があります。
これまでに確認された7人の患者のうち、英国内の患者はいないということです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる