Googleマップで混雑エリアがわかるようになりました。Twitter上の反応をみると、日本国内では11月初旬あたりから実装されているようです。

以前から道路や店舗、観光地など各スポットの「混雑する時間帯」は表示されていましたが、混雑エリアは表示されていませんでした。

目次

  1. Googleマップに混雑エリアが表示されるように

Googleマップに混雑エリアが表示されるように

Googleマップにおいて混雑エリアが表示されるようになりました。

Googleマップに「混雑エリア」表示、コロナ禍の「密」回避に
(画像=▲Googleマップ上での混雑エリア表示:編集部スクリーンショット、『口コミラボ』より 引用)

これは地点ごとの混雑状況と同じように、スマホのロケーション履歴から収集したデータをもとに割り出されているのだと考えられます。コロナ禍での「密」を避ける需要に応える機能が実装された形です。

店舗ごとの混雑状況に加えて、混雑エリアが表示されるようになったことで、空いている店舗やエリアで店選びする傾向が強まると思われます。

Googleマップに「混雑エリア」表示、コロナ禍の「密」回避に
(画像=▲スポットごとの混雑状況:編集部スクリーンショット、『口コミラボ』より 引用)

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】