日本マイクロソフトとローソンは、店舗のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目指す取り組みにおいて協業すると発表しました。

AIの活用によって店舗運営支援を図る実験を、神奈川県内のローソン4店舗で開始するということです。

目次

  1. データの取得と「店舗運営支援AI」
    1. 店舗運営支援AIとは
  2. 全国のローソン店舗への拡大を目指す

データの取得と「店舗運営支援AI」

今回の実験は、これまでローソンが参考にしてきたPOSの売上データ等に加え、カメラやマイクで取得した「売場の通過人数」や「顧客の滞留時間」「購入率」等のデータを可視化し、総合的に分析するものです。

分析したデータを参考に店舗の状況を改善し、顧客にとって快適な売場の実現と利益向上を図ります。

なお、このデータの分析の際にMicrosoft Azure上に構築された「店舗運営支援AI」が活用されます。

店舗運営支援AIとは

店舗運営支援AIは、個人が特定されない形で匿名化されたデータを用いながら、行動分析・仮説立案・店舗施策の変更のサイクルを実行します。

分析の対象となるデータは、POSデータ、会員データ、カメラデータ、音声データ等です。

これらの結果から売上・利益向上などの指標を顕在化し、各施策の変更による結果の分析を行うことで、各店舗に適した施策の優先度を可視化するとしています。

全国のローソン店舗への拡大を目指す

ローソンは「SDGs」「データ活用」「収益力向上」など、様々な分野で改革を進める企業です。

今回の「店舗運営支援AI」を活用した実験でも、さらにスピーディーで自律的な店舗運営の実現が期待されています。

一方のマイクロソフトは、流通小売業のデジタルトランスフォーメーションを支援する取り組みを積極的に行っています。

このような両社の協業では、「店舗運営支援AI」の全国のローソン店舗への拡大させることが目指されています。

<参照>
ローソンと日本マイクロソフト、AIやデータを活用した店舗のデジタルトランスフォーメーションにおいて協業

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】