挿話的想像力

「挿話的想像力(Episodic imagination)」は空想的想像力に似ていますが、本物の記憶を使う点で異なります。過去の現実から想像的に別の空想をし、過去の過ちから学び、未来を想像してそれに備えます。視覚的な想像力に長けた人は、未来を想像する時、より詳細に感覚を経験しています。自己啓発本などで、「結果を想像すれば、叶う」といったものがありますが、これは実際には逆です。未来に備えるには、結果に至る過程を想像したほうが良いのです。

学生を対象とした実験では、良い成績を想像した人よりも、良い成績をとるためにどう勉強するかを想像した人のほうが良い成績を取ることができました。

創造性を底上げする方法は多くあります。演劇や練習、経験といったものが重要となります。アインシュタインにはこう言いました。「知性の本当の表れは、知識ではなく、想像力である」

via: dailymail / text & translated by nazology staff

提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功