観光庁は12月8日、観光支援事業「GoTo トラベル」について、2022年に再開した場合、春休み期間は割引対象外とする方針を明らかにしました。

日本政府は変異株「オミクロン株」の影響も注視しつつ、GoToトラベル事業の再開時期を判断する予定です。

目次

  1. 観光庁、GoToトラベル「春休みは割引対象外」

観光庁、GoToトラベル「春休みは割引対象外」

日本政府は、観光支援事業「GoTo トラベル」の再開を、早ければ1月下旬~2月上旬で目指しています。

ただし春休みは割引がなくても旅行需要が見込めると判断し、観光庁は12月8日、来年再開した場合に、春休み期間を割引対象外とする方針を明らかにしました。

3月下旬~4月上旬が想定されていますが、具体的な除外日は今後調整されます。

政府は年末年始の新型コロナウイルス感染状況を見極めたうえで再開時期を決定する方針で、斉藤鉄夫国土交通相は変異株「オミクロン株」の影響も注視しながら判断する考えを示しています。

なお再開後のGoToトラベル事業は旅行代金の割引率を30%とし、割引額の上限は最大1万円とされます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる