ドイツのメルケル首相は12月2日、新型コロナウイルス対策として、実質的にワクチン未接種者の行動を大幅に制限することを合意したと発表しました。

オミクロン変異株の感染拡大が懸念される中、ワクチン接種を喚起し、現在ドイツが見舞われている深刻な感染拡大に対応しようと試みています。

目次

  1. ワクチン接種の実質的義務化へ
  2. ドイツは「過去最悪の感染状況」

ワクチン接種の実質的義務化へ

ドイツの一部の州で行われている「2G」と呼ばれるルールが、数週間後から全国に拡大されることになりました。

ワクチン接種者(geimpft)と6ヶ月以内に感染から回復した人(genesen)以外の人の行動が制限されます。レストラン、映画館、レジャー施設、多くの商店は「2G」にあたる人のみが入場できるようになります。

また、ワクチン接種は来年2月までに義務化されるとメルケル首相はコメントしています。

ドイツは「過去最悪の感染状況」

ドイツは現在第4波の感染拡大に見舞われており、1日あたりの新規感染者は6万〜7万人台となっています。死者数の平均も3週間で140件以上増加しており、前回のピーク時から15%増加しています。

一部の州では病床の確保が難しくなりつつあり、メルケル氏は「これまで以上の措置が必要だ」と述べています。

ドイツでワクチンを必要回数接種している割合は人口の約69%で、70%を超えるベルギーやスペインより低く、未接種者への接種を促すと共に、3回目の追加接種を含めて3千万回の接種を目指しています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる