フィジーでは、新型コロナウイルスの流行により閉鎖していた国際観光を約2年ぶりに再開しました。

12月1日朝よりフィジーでは、ワクチンを接種した旅行者が検疫を受けずに旅行できるようになりました。

フィジー政府観光局のブレント・ヒル局長は、「国内外の観光が再開されたのは、フィジーが公共の安全、安全でスムーズな旅行、そして有名なブラ・スピリットを大切にしてきたおかげです。」とコメントしています。

目次

  1. ワクチンの完全接種、トラベルパートナー国からの渡航が条件

ワクチンの完全接種、トラベルパートナー国からの渡航が条件

旅行者が安全を確保しながら安心して旅行できるように、いくつかの旅行条件が設けられています。

  • 完全な予防接種を受けていること。(18歳未満の子供は、予防接種を受けた大人と一緒に渡航することが可能です。)
  • 指定されたトラベルパートナー国からの渡航者であること。
  • 12歳以上の渡航者は、搭乗72時間前のPCRテストが陰性であること。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる