ホンダがCBR400Rと400Xの仕様を一部変更して2022年1月17日 (月) から販売開始する。
主な変更内容はSHOWA製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)の採用とフロントブレーキのダブルディスク化、スイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化だ。またその他にも2車種それぞれに細かな仕様の変更が施されている。

価格はCBR400Rが84万1500円、400Xが85万8000円 (ともに税込み) 。
カラーリングはCBR400Rが「グランプリレッド」「マットバリスティックブラックメタリック」「マットジーンズブルーメタリック」の3色、400Xが「パールグレアホワイト」「マットバリスティックブラックメタリック」の2色の設定となっている。

目次
『CBR400R』『400X』の仕様を一部変更し発売
販売計画台数(国内・年間)

『CBR400R』『400X』の仕様を一部変更し発売

Hondaは、軽量コンパクトな水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・399ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CBR400R」とクロスオーバーモデル「400X」の仕様を一部変更し、Honda Dreamより2022年1月17日(月)に発売する。

CBR400R/400Xがマイナーチェンジ!倒立フォーク・ダブルディスクを採用
(画像=CBR400R(グランプリレッド)、『Moto Megane』より引用)
CBR400R/400Xがマイナーチェンジ!倒立フォーク・ダブルディスクを採用
(画像=400X(パールグレアホワイト)、『Moto Megane』より引用)

今回、両モデルともに上質な運動性能を獲得するため、路面追従性に優れ、上質な乗り心地を提供するSHOWA(日立Astemo株式会社)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を採用した。また、フロントブレーキをダブルディスクとすることで、制動時の安心感をより高めた。さらに、スイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化を図るなど、前後の分担荷重を最適化し、前輪の接地感と旋回性に寄与している。

CBR400Rは、フロントブレーキにラジアルマウントキャリパーを採用。また、ホイールデザインを一新し、軽量化することでバネ下荷重を低減。軽快なハンドリングに寄与している。車体色は、力強く情熱的な「グランプリレッド」、精悍で上質感のある「マットバリスティックブラックメタリック」、モダンで落ち着いた印象の「マットジーンズブルーメタリック」の3色を設定している。

400Xは、ヘッドライトの光量を上げるとともに発光パターンを変更することで、配光を最適化し、視認性と被視認性に貢献。また、ウインカーにポジションランプ機能を採用することで、被視認性に寄与している。車体色は、艶やかで爽やかな印象の「パールグレアホワイト」とソリッドでクロスオーバースタイルを際立たせる「マットバリスティックブラックメタリック」の2色の設定としている。

CBR400R/400Xがマイナーチェンジ!倒立フォーク・ダブルディスクを採用
(画像=グランプリレッド、『Moto Megane』より引用)
CBR400R/400Xがマイナーチェンジ!倒立フォーク・ダブルディスクを採用
(画像=マットバリスティックブラックメタリック、『Moto Megane』より引用)
CBR400R/400Xがマイナーチェンジ!倒立フォーク・ダブルディスクを採用
(画像=マットジーンズブルーメタリック、『Moto Megane』より引用)
CBR400R/400Xがマイナーチェンジ!倒立フォーク・ダブルディスクを採用
(画像=マットバリスティックブラックメタリック、『Moto Megane』より引用)
CBR400R/400Xがマイナーチェンジ!倒立フォーク・ダブルディスクを採用
(画像=パールグレアホワイト、『Moto Megane』より引用)

販売計画台数(国内・年間)

CBR400R1,300台
400X1,200台