11月29日、先進7カ国(G7)がオンライン開催した緊急の保健相会合にて、急速に感染拡大する新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」についてWHOや各国と緊密に協力し続けることを確認する共同声明を発表しました。

目次

  1. 各国協力していくと共同声明 途上国へのワクチン接種も推進

各国協力していくと共同声明 途上国へのワクチン接種も推進

保健相会合で、G7議長国のイギリスが共同声明を発表しました。

声明ではオミクロン株の早期発見と周知の迅速さについて南アフリカの模範的な行動を称賛しました。

またオミクロン株に対してはWHOの枠組みの中で、国際的に監視体制を強化していく姿勢を表明しました。

英保健相のジャビド氏は今までの新型コロナウイルスワクチンの成果を評価し、追加接種の重要性について改めて確認しました。

各国のワクチン接種体制や開発を支援する方針です。

後藤茂之厚生労働相が会合後に記者団に対して世界のワクチン接種などに対して支援を続けるとし、発展途上国へのワクチン普及を加速させたいとコメントしました。

オミクロン株は、WHOが最も警戒レベルが高い「懸念される変異株」に26日、指定しています。

オミクロン株はヨーロッパなどで急速に拡大しています。今後、各国は情報を共有しながらオミクロンの拡大を監視し国際的に対応していく方針です。また、12月に再び緊急の保健相会合を開催する予定だということです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる