5万年前から6000年前にかけて、マンモスやジャイアントバイソン、古代馬など、大型の草食動物たちが姿を消しました。

エール大学(Yale University・米)の研究チームはこのほど、これらの草食種が失われたことによる生態系への影響を調査。

その結果、草を食む動物の絶滅により、草原における自然火災が劇的に増加していたことが判明しました。

研究は、11月26日付けで学術誌『Science』に掲載されています。

目次

  1. 絶滅率が高い地ほど、草原火災が急増

絶滅率が高い地ほど、草原火災が急増

エール大の研究チームは、ユタ自然史博物館(Utah Natural History Museum)と共同で、4つの大陸に生息した大型哺乳類の絶滅種リストと、おおよその絶滅時期をまとめています。

データによると、最も多くの草食動物が絶滅した地は南米(全種の83%)であり、次いで北米(68%)となっていました。

オーストラリア(44%)とアフリカ(22%)では、それらより低い数値となっています。

研究チームは、これらのデータを大陸全体の地域的な自然火災の記録となる堆積物と比較。

410カ所で採取された木炭(チャコール)を分析し、草食動物との関わりを調べました。

その結果、大型草食種が豊富にいた時期は火災活動が安定していたのですが、絶滅したあとで急激に増加傾向に転じていたのです。

特に、より多くの草食種が絶滅した大陸(南米と北米)で、火災範囲の拡大が見られました。

絶滅率が低かった大陸(オーストラリアとアフリカ)では、草地の火災活動にほとんど変化が見られていません。

一方、マストドンやディプロトドン、オオナマケモノといった、草原ではなく、森林地帯の低木や果実をエサにした動物も同時期に絶滅していますが、こちらは森林の火災頻度に影響していませんでした。

マンモスの絶滅により「草原火災」が急増していた
(画像=草食動物と自然火災には密接な関係がある / Credit: jp.depositphotos、『ナゾロジー』より 引用)

これまでの研究で、広範囲にわたる大型草食種の絶滅は、(草食種の喪失による)肉食動物の減少から、種子の分散を草食動物に依存していた植物の衰退まで、生態系に甚大な影響を与えたことがわかっています。

研究チームのアリソン・カープ(Allison Karp)氏とカーラ・ステイヴァー(Carla Staver)氏は、次のように述べています。

「本研究では、大型草食種がいなくなったことで乾燥した草や葉、木々などが放ったらかしになって蓄積し、自然火災の発生頻度を増加させたことが示唆されました。

これらの影響を研究することで、草食動物が世界の生態系をどのように形成し、いかに関与しているかを理解することができます。

科学者たちは今後、火災の軽減や気候変動における放牧家畜や野生の草食動物の役割を考慮する必要があるでしょう」


参考文献

Extinction of Ancient Grazers Triggered a Global Rise in Fires

元論文

Global response of fire activity to late Quaternary grazer extinctions


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功