南アフリカで確認された新型コロナの新たな変異株である「オミクロン株」の感染が様々な国で確認されています。

そんな中、米国疾病管理予防センター(CDC)はコロナウイルスワクチンの追加摂取を強く推奨しています。

目次

  1. ワクチン追加接種は成人全員が「受けるべき」

ワクチン追加接種は成人全員が「受けるべき」

CDCは29日、コロナウイルスワクチンの追加接種に関する方針を発表しました。

これまではファイザー・モデルナのワクチンについて、2度目の接種から6ヶ月以上が経った50歳以上、または18歳以上で介護をしている人は追加接種を打つことができるとしていましたが、今回の声明により18歳以上のすべての人が追加接種を受けるべきだと呼びかけました。

CDCディレクターのロシェル・ワレンスキー博士は「オミクロン変異体の出現は、COVID-19から身を守るために必要なワクチンのブースター接種、予防活動の重要性がさらに強調された」と発言、さらに「南アフリカの初期のデータはオミクロン株の感染力が強い可能性を示している。米国および世界中の科学者はこの変異体に関連するワクチンの有効性を調査している」としています。

ワクチン追加接種の声明に付け加え、マスクの着用、屋内の換気、ソーシャルディスタンスなど、今までの感染対策の継続についても呼びかけました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる