29日、第8回中国アフリカ協力フォーラムの開幕式にて習近平国家主席は、中国がアフリカに対して10億回分の新型コロナウイルスワクチンを追加提供することを表明しました。

目次

  1. 10億回分の追加ワクチン 医療サポートも
  2. 中国とアフリカの堅強な繋がり

10億回分の追加ワクチン 医療サポートも

開会式に習近平国家主席はオンライン形式で参加しました。スピーチでは中国とアフリカの友好関係について触れ、今後中国がアフリカに対して追加で10億回分のワクチンを提供すると発表しました。また、その内の6億回分は無料で提供されます。

また、今後アフリカ諸国向けに10の医療および健康プロジェクトを実施し、1,500人の医療チームメンバーと公衆衛生専門家をアフリカに派遣すると付け加えました。

中国とアフリカの堅強な繋がり

スピーチで習近平国家主席は「中国はアフリカ諸国の深い友情を決して忘れないだろう」と述べ互いの繋がり強化を再確認しました。

中国アフリカ協力フォーラムは2000年10月に北京で初めて開催され今回で8回目となります。経済のグローバル化から生じる課題に対応し、共通の発展を模索することを目的としています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる