マヤ文明の組織構造と建設能力

さて、アグアダフェニックスの広大な台地と土手道は、この記念碑が多くの人々によって使用されるために建設されたことを示しているようです。

そして、これが紀元前1000年に建設されたという事実は、考古学者たちに大きな衝撃を与えるものとなりました。

なぜなら、その時代には階層的社会組織が無かったからです。

猪俣氏によると、「後の時代には、民に仕事を命じる強力な支配者と行政システムがありました。しかし、この遺跡はもっと前のものであり、そのような強力なエリートがいたという証拠は見当たりません」とのこと。

そのため、アグアダフェニックスは、当時の人々の自発的な共同作業の結果だと考えられるのです。

”史上最大”マヤ文明で最古の記念碑を発見! 今までの「文明システム」が覆される!
(画像=猪俣健、『ナゾロジー』より引用)

この事実は、考古学者たちの建設プロセスを再考させるものとなるでしょう。

猪俣氏も「今回の発見は、人間の能力や人間集団の可能性について重要な示唆を与えてくれます。このような巨大なプロジェクトを遂行するためには、必ずしも組織化された政府が必要ではないかもしれません」と述べています。

今後、猪俣氏のチームはアグアダフェニックスでの作業を継続していきます。また、周辺のより広範なライダー分析も行なわれる予定であり、さらなる発見が期待されています。

この発見の詳細は6月3日、「Nature」に掲載されました。

Monumental architecture at Aguada Fenix and the rise of Maya civilization

最終更新日:2021.01.27 WEDNESDAY

公開日:2020.06.04 THURSDAY

提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功