目次
FOBO BIKE2 バイク 空気圧センサー TPMS(タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)
 ・中でも最も多く見かけるのが空気圧不足のバイク!
空気圧をリアルタイムスマホに表示!
 ・本体が緩んで紛失しないように脱落防止ナットが付属!

FOBO BIKE2 バイク 空気圧センサー TPMS(タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)

バイクいじり趣味が高じて今の職業に流れ着いた身からすると、街で見かけたバイクの整備不良がどうしても気になってしまうものです。

チェーン調整や注油を怠ってアクセルオフでじゃらじゃらいっちゃってるのとか

異様なほどタペット音が出ているバイクとか

マフラーからオイルの白煙出てるのとか

乗っている当人は気づいていないのか?平気で走っているけれど、見ているこっちはハラハラしてしまうものです。

中でも最も多く見かけるのが空気圧不足のバイク!

とくに小さいスクーターに多いのですが、明らかにタイヤが潰れた状態で乗っているのを良く見かけます。

確かにバイクはガソリンスタンドで空気を補充しにくい(空気入れがたいてい四輪車用なので)こともあり、空気圧不足に陥りやすいのかもしれません。

でも、空気圧低下すると乗って分かりません?

空気圧が低くなると走安性が悪くなるし、ブレーキングの安定性も悪くなるし、異物拾ってパンクしやすくなるし、もう、本当に良い事がないので、私なんかは2週間に1回くらいはエアチェックしてます。

確かにエアチェックって面倒ではあるんです。屈まないと出来ないし、手が汚れるし、空気入れる設備ないと自宅で出来ないですしね。

しかし、今の時代、空気圧をスマホでリアルタイムモニターできてしまうのです!

空気圧をリアルタイムスマホに表示!

FOBOBIKE2 バイク 空気圧センサー TPMS

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=予備のボタン電池が付属します。、『Moto Megane』より引用)

FOBO BIKE2はタイヤのエアバルブキャップ内にセンサーが組み込まれており、Bluetooth通信によってそのデータをスマホにリアルタイム表示してくれるという製品。

つまり、走る前、走りながら、いつでも空気圧をスマホでリアルタイムで確認できるというわけであります。

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=『Moto Megane』より引用)

本体のカラーバリエーションはシルバーとブラックの2色。防塵、防水なのでバイクで安心して使用できます。

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=『Moto Megane』より引用)

本体を開いて通電防止シートを引き抜けばこれで準備OKです。

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=『Moto Megane』より引用)

本体はバルブキャップと比べれば大きくなりますが、車体に干渉する機種は少ないのではないでしょうか?

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=『Moto Megane』より引用)

私が実測してみたサイズ感です。自分のバイクに装着できるか心配な方は購入前に紙で模型を作って愛車にバーチャルフィッティングしてみてはいかがでしょうか?

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=『Moto Megane』より引用)

また、通常のバルブキャップと比べれば重量増になりますのでゴムバルブだと負担増が心配ではあります。

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=『Moto Megane』より引用)

そのため、交換用の金属バルブも付属しているのでいたれりつくせりなのです。(※交換にはタイヤの脱着が必要となります!)

ただ、タイヤ交換ごとにちゃんとバルブも新品交換していて、しっかりゴムがフレッシュで柔らかいならば、破損することはあまり無いのではないかと思います。ただ、走る速度や距離、期間により異なるので一概には言えませんが……。

本体が緩んで紛失しないように脱落防止ナットが付属!

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=『Moto Megane』より引用)

しっかり締まっていれば、走行中に緩んで外れることはまず無いですが、緩み防止ナットが付属しています。

バルブキャップを交換するだけ!空気圧をスマホでリアルタイム確認できる
(画像=『Moto Megane』より引用)

自然に緩まないダブルナットの状態にするわけです。 締め付け固定には付属工具が必要となり、これが盗難対策にもなりそうです。