オランダ政府は2日、新型コロナウイルス感染が再拡大し医療体制が切迫する中で感染拡大抑制の政策を再び導入することを発表しました。

目次

  1. 新規感染者の再増加
  2. 国民の生活 再びマスク義務化へ

新規感染者の再増加

ここ数週間で、オランダの新型コロナウイルス感染が再拡大し、2日の新規感染者数は300人以上と急速に増加しています。国立公衆衛生環境研究所によると放置しておけば、今年の冬までにICUに入院する新型コロナウイルス感染者は500人になるとし緊迫した医療状態を示唆しています。

オランダ政府は急速な感染拡大を抑えるために追加の措置を講じています。

国民の生活 再びマスク義務化へ

政府はワクチン接種を受けた国民にも、ソーシャルディスタンスや手洗いなどの基本的なルールを改めて徹底するように要求します。

また、11月6日からはマスク着用の義務付けが再び執行されます。公共施設や公共交通機関などほぼ全ての場所に適用され、違反をすれば95ユーロの罰金が科されます。

さらに6日以降、より多くの場所でワクチンパスポートが必要になります。屋内外の両方で飲食ができる施設、カジノ、映画館や劇場、美術館など人の行き来が多い場所、ビジネスイベント、18歳以上の者が団体で行うレッスンや運動などに適用されます。

オランダ政府は今後、ワクチンパスポートの使用を法制化しようと検討しています。現在は必須でない店舗も多くの人々が日常的に訪れる場所はワクチンパスポートを適用する方針です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる