ANAは11月12日より、多言語対応PCR検査・陰性証明書をセットで提供するサービスの拡大を発表しました。

三田国際ビルクリニック、Tケアクリニックと連携し最大170以上の国と地域の指定様式に沿った証明書の発行が可能となります。

来院・宅配どちらでも検査することが可能でいずれの検査もANA国際線航空券購入者を対象としています。

目次

  1. 多言語対応PCR検査・陰性証明書
  2. 日本から海外渡航時のPCR検査サービス一覧

多言語対応PCR検査・陰性証明書

様々な国や地域への入国時に、各国のルールに基づいた陰性証明書の提示が必要になるケースが増加しています。

ANAはANA WEB サイトにて10月8日からPCR検査・陰性証明書の発行を行なっていましたが、11月12日より、日本語のみならず、英語や中国語、韓国、ベトナム、スペイン、フランス語といった多言語対応検査及びに、150以上の国の指定様式に沿った陰性証明書の発行が可能となるサービスを開始しました。

ANAは「国籍を問わず、すべての人々がスムーズに外国へ渡航できるように、今後もサービスの拡充に努める」としています。

日本から海外渡航時のPCR検査サービス一覧

下記の表は各クリニックにおけるPCR検査サービス一覧です。

ANA、国際線のPCR検査サービス拡大へ
(画像=▲日本から海外に渡航する際のPCR検査サービス一覧:ANA、『訪日ラボ』より引用)

料金に関しては、三田国際ビルクリニック来院検査が33,000円で陰性証明書発行が5,500円。Tケアクリニック来院検査が22,000円となっており、陰性証明書発行代も含まれています。

宅配検査は15,480円で陰性証明書発行代も含まれており、11月12日から新たに拡大したサービスの中では最安値となっています。

最大170ヶ国の様式に対応した陰性証明書の発行が可能となり、最短当日に陰性証明書を受け取りことができます。いずれのサービスもPCR検査と陰性証明書の発行はセットとなっており、ANA国際線航空券購入者が対象となっております。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる