JALは2021年12月1日から2022年1月4日の運行便を、2020年3月以降初めての9割以上の便で運行する予定と発表しました。

今年の9月には運航率65%以下まで落ち込んでいましたが、12月に91%超まで回復した形となります。

国内線需要は10月以降回復傾向にあり、12月24日-1月4日の年末年始にあたる期間では97%と、今年度最高の運航率となります。

さらに年始(1月1日-1月4日)期間では一部の路線で臨時便を用意しており、運航率98%を記録しています。

目次

  1. 12月運航率91% 前年同月比5ポイント増
    1. 年末年始期間中の運航率はさらに高く

12月運航率91% 前年同月比5ポイント増

国内線需要は10月以降から回復しており、12月の運航率はコロナ前水準に近づきました。

12月1日-12月31日期間中の減便数は2,301便、平均減便数は74便で運航率91%となっており、前年同月比5%の上昇となっております。

年末年始期間中の運航率はさらに高く

前年の年末年始期間中の運航率は94%と例年、年末年始の国内線の需要は高く、2021年度年末年始期間中12月24日-1月4日の減便数は384便、平均減便数は32便で運航率97%となっております。

また、1月1日-1月4日の年始期間中は高需要が見込まれる一部の路線で臨時便を用意しており、運航率98%と非常に高い運航率となります。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる