日本政府は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を管理する「ワクチン接種証明書」について、12月以降にデジタル版の証明書をリリースする計画を発表しました。

これまでは紙での発行、管理のみに留まっていましたが、今後はマイナンバーカードを用いてスマートフォン上で接種証明書を利用できるようになるということです。

目次

  1. 電子版ワクチン接種証明書、12月よりスタート

電子版ワクチン接種証明書、12月よりスタート

11月18日、首相官邸(新型コロナワクチン情報)公式Twitterより、かねてより検討されていた電子版ワクチン接種証明書の概要が公表されました。

ワクチン接種証明書、来月から電子版の申請受付開始 マイナンバーカードを用いてスマホで管理
(画像=▲電子版ワクチン接種証明書の概要:首相官邸(新型コロナワクチン情報)公式Twitterより引用、『訪日ラボ』より引用)

引用:首相官邸(新型コロナワクチン情報)公式Twitter

電子版接種証明書は、専用アプリを通してスマートフォン上で申請、取得、表示できます。画面上にはこれまでと同様の接種記録などの他、新たに電子署名を含んだ二次元コードも表示されるということです。

なお申請時には自身のスマートフォンからマイナンバーカードを読み取る必要があります。現段階でマイナンバーカードを所持していない場合は今後申請し受領することが必須となりますが、マイナンバーカードは申請から交付まで約1か月を要することから、早期の申請が促されています。

政府は電子版接種証明書の活用ポイントとして、現行の紙の接種証明書と同じ内容がスマートフォン上で確認できるようになること、また二次元コードで本人情報を記録することで偽造防止につながることを挙げています。

政府は2021年12月から、電子版接種証明書の申請受付を開始するということです。詳細な時期は今後改めて発表される予定です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる