韓国では今月11月1日からコロナウイルス防疫体系が「段階的な日常生活の回復」に変更され、防疫に関する制限が大きく緩和されています。

この防疫緩和に伴い韓国政府は、韓国への外国人観光客に対する隔離免除を拡大し、新型コロナウイルスワクチン接種済みの人々に対してはPCR検査の回数を減らしていく方針です。

目次

  1. 段階的な日常生活の回復、施設の営業緩和も
    1. 第一段階の主な緩和

段階的な日常生活の回復、施設の営業緩和も

韓国、中央災難安全対策本部は3段階で施行する「段階的な日常生活の回復」ロードマップを発表し、今月初めから6週間日常生活でよく利用される施設の営業緩和を中心とした第一段階を開始しました。

第一段階の主な緩和

  • 私的な集まりの人数はソウル首都圏で10人、その他の地域は12人まで可能(飲食店の場合、未接種者は4人まで)
  • すべての施設(遊興施設を除く)で営業時間の制限が解除され、24時間利用可
  • 遊興施設は午前0時まで利用可
  • 祭り、コンサートなど、イベントや集会は100人未満まで可能(接種完了者のみの場合、500人未満まで可能)など

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる