帝国データバンクは、新型コロナウイルスに関連した倒産件数について調査を実施し、今月12日に統計の結果を発表しました。

同調査では、当事者・代理人が新型コロナが倒産の要因であると認め、法的整理や業務停止となったケースを対象とし、個人事業主、負債1,000万円未満の倒産件数がカウントされています。

調査によると、新型コロナ関連による倒産件数が全国で2,368件となり、東京都では500件に到達したことが明らかになりました。

目次

  1. 新型コロナ関連による倒産件数、東京都で500件に到達
    1. 業態別、飲食店405件で最多

新型コロナ関連による倒産件数、東京都で500件に到達

コロナ関連倒産、最多は9月の184件 際立つ飲食店の厳しさ
(画像=▲新型コロナウイルス関連倒産の推移:「新型コロナウイルス関連倒産」動向調査、『口コミラボ』より 引用)

今月12日16時の時点で、今月の新型コロナによる影響を受けた倒産件数はすでに21件確認されており、全国の累計で2,368件となっています。

都道府県別でみると、東京都で500件に達し、次いで大阪府が245件、福岡県で121件、神奈川県で139件確認されています。

現時点では9月の倒産件数が184件と最多となり、感染拡大による緊急事態宣言の影響がうかがえます。

業態別、飲食店405件で最多

コロナ関連倒産、最多は9月の184件 際立つ飲食店の厳しさ
(画像=▲業態別の新型コロナウイルス関連倒産:「新型コロナウイルス関連倒産」動向調査、『口コミラボ』より 引用)

また、業態別でみると飲食店が405件と最多となっています。

ホテル・旅館では116件、小売関連ではアパレル小売101件、食品小売で84件と続いています。

<参照>
帝国データバンク:特別企画:「新型コロナウイルス関連倒産」動向調査 11 月12 日16 時現在判明分

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】