ベトナム政府官房は11月2日、ファム・ビン・ミン第一副首相により、海外からの観光客受入れ再開試行の工程表を承認したことを明らかにしました。

2021年11月以降の第1期、2022年1月以降の第2期、2022年4~6月以降の第3期に分けて、段階的に海外からの観光客受入れ再開を進める計画です。

目次

  1. ベトナム政府、海外からの観光客受入れ再開試行

ベトナム政府、海外からの観光客受入れ再開試行

ファム・ビン・ミン第一副首相が同意した文化スポーツ観光省の提案によれば、同事業は3期に分けて実施される予定です。

2021年11月以降の第1期では、チャーター便と商用便を介したパッケージツアーによる、海外からの観光客の受入れ再開を試行します。

対象の省・市は、ダナン市、クアンナム省、カインホア省、キエンザン省の4省・市となっています。

2022年1月以降の第2期は、チャーター便と国際線定期便により、外国人観光客受入れ事業を拡大するもので、対象の省・市にクアンニン省が追加されます。

観光客は、最初の目的地で7日間過ごした後に、対象範囲内の他の省・市へ移動することが可能となります。

2022年4~6月以降の第3期では、規模や範囲の制限なく、海外からの観光客に対するすべての観光活動と観光サービスが再開されます。

なお観光客は、十分な新型コロナウイルスのワクチンを接種済み、または直近6か月以内に感染して回復済みであり、なおかつ検査で陰性である必要があります。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる