ラトビアのレンタカー予約サイト『Discover Cars』は、ヨーロッパに限定した「予算にやさしい冬休みの目的地」のトップ10を発表しました。

ロンドンからの距離、レンタカー代、アトラクションのコンテンツの充実度などから選出されており、1位はポーランド南部の都市「クラクフ」が獲得しています。

目次

  1. 「コストパフォーマンスが高い観光地」トップ10発表
    1. トップの座はポーランドのクラクフが獲得

「コストパフォーマンスが高い観光地」トップ10発表

『Discover Cars』は、冬の観光地として有名なヨーロッパ10都市をコストパフォーマンスの視点から分析し、1位から10位にランキングしました。

なおランキングに際して、『Discover Cars』は満点を50点とするスコアを用いています。スコアは以下の要素から算出しています。

  • ロンドンヒースローからの平均飛行費用
  • 1週間のレンタカーの平均費用
  • 最も有名なアトラクションの平均​​費用(大人一人分)
  • 1週間のホテル滞在の平均総費用
  • トリップアドバイザーの「安い食事」オプションに基づく「手頃な」レストランの数
  • トリップアドバイザーでトップランクのアトラクション

トップの座はポーランドのクラクフが獲得

同ランキングにおいて、ポーランドのクラクフが1位となりました。

50点満点中40点を獲得したクラクフは、レンタカーの平均費用が141.56ポンド(約2万1,600円)、ホテルの1週間の平均滞在費用が335.33ポンド(約5万1,100円)となっており、どちらも全10都市中最も安い数値となりました。これにより、低価格でクラクフの街を自由に散策できることが魅力とされています。

また、手ごろな価格のレストランが664店舗揃っていること、街で有名な中央市場広場が無料で得楽しめるというコンテンツの魅力なども評価されました。

2位はチェコ共和国のプラハで、手ごろな価格のレストランがプラハの2倍近くに上る1,207店舗あることが挙げられています。ただしレンタカーの平均費用が205.25ポンド(約3万1,300円)に上っていることから、1位には届かなかったようです。

3位には、フランスのパリがランクインしています。トリップアドバイザーの「安い食事」オプションに該当するレストランが2,934軒あることが評価の対象となりました。

街の魅力であるエッフェル塔は22.22ポンド(約3,400円)で高価であるとされていますが、同時に「それだけの価値がある」と言及されています。しかし、レンタカーの費用やホテルの費用が全10都市中でも高価な方に分類されたため、総合的な「コストパフォーマンス」という面では3位にとどまったと考えられます。

なお、1位から10位までのランキングは以下の通りです。

欧州「コスパがいい観光地ランキング」発表 1位はポーランドのクラクフ
(画像=▲「予算にやさしい」冬の観光地ランキング:Discover Carsプレスリリースより編集部作成、『訪日ラボ』より 引用)

出典:Discover Carsプレスリリースより訪日ラボ編集部作成

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる