11月16日から、コミュニティチャットアプリ「LINE」にて、「キーワードフォロー機能」が実装されました。ユーザーは好きなキーワードをフォローすることにより、関連した情報をLINEアプリを通じて受け取れるようになります。

目次

  1. 「LINEスマート通知」にキーワードフォロー機能が追加
    1. ニュースの「フォロー」タブでも設定・表示が可能

「LINEスマート通知」にキーワードフォロー機能が追加

「LINEスマート通知」は、LINE公式アカウントを友だち追加することで、ニュースや地域情報などユーザー設定した情報を、LINEのトークにて受け取れるサービスです。

これまで、LINEスマート通知では、ユーザーが設定した地域の情報や、災害情報などが配信内容として選べましたが、キーワードで個別具体的な関心事項を設定することはできませんでした。

この「LINEスマート通知」に、キーワードのフォロー機能が追加されました。キーワードフォロー機能により、ユーザーは興味関心の高いトピックの情報を見逃すことがなくなります。

あらゆるキーワードが設定できるため、「レシピ」「次の旅行の目的地」「鑑賞している・鑑賞予定の映画やドラマ」「”推し”に関連する全情報」などを取得できます。

企業や組織が発信する商品やサービスに関連した情報も、今後LINEを通じて目にされる機会が増えると考えられるでしょう。

ニュースの「フォロー」タブでも設定・表示が可能

ユーザーがフォローしたキーワードは、「LINEスマート通知」の他、「ニュース」タブで設定・確認することも可能です。

一度設定をすれば、自動でおすすめ情報もピックアップされます。今後LINEを通じて、企業の新商品情報やイベント情報などもユーザーの目に触れる機会が増えると考えられ、潜在顧客層へのアプローチとなることが期待できます。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】