中央感染症指揮センターの陳時中衛生福利部長は5日の記者会見で、台日間での観光トラベルバブルについてお互いの窓口機関を通じ積極的に協議していると明らかにしました。

目次

  1. 台湾とのトラベルバブル、前例も

台湾とのトラベルバブル、前例も

陳時中衛生福利部長は5日の記者会見で日本の感染が減少傾向にあるのを「良い兆候」であると歓迎。「双方の駐在員事務所を通じて積極的に協議している」と語りました。

感染症専門医の林氏智は11月1日に、このまま日本での新型コロナ感染が抑えられれば両国でのトラベルバブルが考えられると述べました。

台湾では、11月3日からの7日間の平均は4人と新型コロナの国内感染は落ち着いています。

4月には台湾とパラオの間で観光往来の枠組みであるトラベルバブルが行われていましたが、コロナの感染拡大に伴い中止されており、8月14日に再開されています。

中央感染症センターの発表では、参加者はパラオとのトラベルバブルでは台湾に帰国後、強化版自主健康管理や、再度のPCR検査などが義務付けられています。桃園空港では専用の通路と検査場などを設け、一般客との分離や消毒を行っています。

Taiwan Newsによると、日台間でのワクチン接種証明の相互認証についての協議も始めているということです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる