世界的に人気の高い旅行ガイドブック「Lonely Planet(以下、ロンリープラネット)」が発表する、2022年におすすめの旅行先「Best in Travel 2022」の地域部門で日本から「四国」が6位に選出されました。

ロンリープラネットは全世界で約25%のシェアを占める旅行ガイドブックで、ガイドブックとしては圧倒的な650のタイトル数を誇ります。

目次

  1. 2019年の「BEST IN ASIA PACIFIC(アジア太平洋地域の訪れるべき目的地)」に続く選出

2019年の「BEST IN ASIA PACIFIC(アジア太平洋地域の訪れるべき目的地)」に続く選出

ロンリープラネットはHPへの月間訪問者数が約1,300万人の非常にグローバルな旅行メディアで、ガイドブックは英語の他に、フランス語、ドイツ語など10を超える言語で出版されており、世界有数の旅行ガイドブックとなっています。

毎年10月頃には、翌年に注目される旅行先を「Best in Travel」として発表しています。

「2022年におすすめの旅行先ランキング」四国が6位に選出|Lonely Planet’s Best in Travel 2022
(画像=▲Best in Travel2022:JNTOプレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

今回の「Best in Travel 2022」では地域部門においてアート、食、豊かな自然をはじめ、四国遍路における「お接待」のような地域固有の文化など、観光資源にあふれる四国が選出されました。

(一社)四国ツーリズム創造機構は今回の選出を受け、今回の選出を励みに現在実施中の四国デスティネーションキャンペーンを契機として、「四国~Shikoku~」ブランドの確立に向けた積極的な取組みを進めていくとしています。

四国は2019年の「BEST IN ASIA PACIFIC(アジア太平洋地域の訪れるべき目的地)」に続く選出となりました。国内では過去に紀伊半島(2018年)、東北(2020年)等が地域部門に選出されています。

トップ10の地域は以下の通りです。(以下、CNN Travelより引用)

  1. 西部フィヨルド(アイスランド)
  2. 米国ウェストバージニア州
  3. シーサンパンナタイ族自治州(中国)
  4. ケントのヘリテージコースト(イギリス)
  5. プエルトリコ(アメリカ) 6. 四国(日本)
  6. アタカマ砂漠(チリ)
  7. シーニックリム(オーストラリア)
  8. バンクーバー島(カナダ)
  9. ブルゴーニュ(フランス)

<参照>
一般社団法人四国ツーリズム創造機構
CNN Travel
JNTO

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる