インド政府は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い停止していた観光ビザの発給を、1年半ぶりに再開することを発表しました。

インドでは昨年3月以来厳格な国境封鎖を続けており、現在は国際民間旅客航空便の着陸と観光目的での入国を停止しています。

目次

  1. 今月15日よりチャーター便から受入開始、来月からはチャーター便以外も

今月15日よりチャーター便から受入開始、来月からはチャーター便以外も

インド内務省の声明によると、今月15日よりチャーター便を利用して入国する外国人観光客に向け、新たに観光ビザの発給が開始されています。

チャーター便以外でインドに渡航する外国人観光客へは、11月15日より同措置が適用されます。

インド内務省は今回の措置を決定するに当たって、

「州政府や観光部門の関係者から様々な声が寄せられていたため、保健家族福祉省、外務省、民間航空省、観光省、そして外国人観光客の来訪が見込まれる各州政府など、全ての主要関係者と協議し、情報を検討しました。」と述べています。

出張や外交、留学などを目的とする入国者は、数か月前より一時的に受け入れを再開していました。

インド政府は、外国人観光客、航空会社、その他関係者に向けて、保健家族省が通知する新型コロナウイルス関連の規範を遵守するよう呼びかけています。

ジョンズホプキンス大学のデータによると(10月9日時点)、これまでにインドでは新型コロナウイルスの感染者数が33,915,569人、死者数は450,127人となっています。また、人口の18.76%がワクチン接種を完了しています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる