カナダのトルドー・カナダ首相は10月21日、国家レベルでの新型コロナウイルスワクチンのパスポート導入について、州や準州との協力のもと、標準化されたカナダのワクチン接種証明が利用できるようになったと発表しました。

同日から、オンタリオ、ケベック、サスカチュワン、ノバスコシア、ニューファンドランド・ラブラドール各州と3準州で利用可能であり、他州でも間もなく利用が可能になるとのことです。

目次

  1. カナダのワクチンパスポートについて

カナダのワクチンパスポートについて

カナダでは、国内空港発の航空便、長距離鉄道、クルーズ船などの旅客船の12歳以上の全ての利用者に対して10月30日からワクチンの完全接種を義務付けることにしており、制度の詳細に関する発表が待たれていました。

これらの利用者は今回の証明者を利用することが可能となるとのことです。

ワクチン接種証明者に記載される内容は以下の通りで、ワクチン接種履歴以外の医療情報やその他の個人を特定する情報は含まれません。

ワクチンパスポートの詳しい仕様

保有者氏名と生年月日、保有者の新型コロナウイルスワクチン接種履歴に関する中立的かつ事実に基づいた説明や、投与回数、ワクチンの種類、製品名、ロット番号、ワクチン接種日、ワクチン接種履歴を含むQRカードが記載されているとのことです。

証明書は、ワクチン接種証明書に連邦政府の公式ロゴを加えることで標準化しており、スマート・ヘルス・カード規格に準拠したQRカードが生成されます。証明書はデジタル媒体のほか、紙での取得も可能となっています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる