今年5月にインターネット検索大手のバイドゥ(百度)が発表したデータによれば、中国の国産品に関する検索回数が、ここ10年で約6.3倍に増加したことが分かりました。

中国では、1990年代後半~2000年台前半生まれの若者「Z世代」を中心として、国産ブランドの人気が沸騰しています。

国の発展を感じながら育ったZ世代を中心とする消費者グループは、国産品への許容度が高く、国産品商品をけん引する中核的存在となっています。

目次

  1. 中国で国産ブランド人気、10年前の6倍以上の検索数

中国で国産ブランド人気、10年前の6倍以上の検索数

中国では、Z世代を中心に国産ブランドの人気が上昇しています。

バイドゥが今年5月に発表した、中国的要素を取り入れた「国潮」関連の検索ビックデータによれば、中国の国産品に関する検索回数が、ここ10年で約6.3倍にも増加したということです。

2021年の国産ブランドへの注目度は、海外ブランドの3倍にものぼっており、特に携帯電話のほかアパレルや自動車、化粧品、食品、家電の6分野において国産品の人気が顕著となっています。

また動画投稿アプリ「抖音(ドウイン)」のEC事業「抖音電商」の統計によれば、8月1~18日に開催された販促イベント「抖音818新潮流・良品フェスティバル」で「国潮」商品が人気となり、売上は前年同期の5.4倍にのぼりました。

売れ筋ランキングの7割以上を国産ブランドが占め、スポーツ用品分野では李寧(リーニン)のほか鴻星爾克(ERKE)や回力(WARRIOR)、安踏(アンタ)、貴人鳥(GRN)の5ブランドが上位5位を占めました。

さらに自動車業界データプラットフォーム「大捜車智雲」と、バイドゥのデータ分析ツール「百度指数」が共同でまとめた「2020年新エネルギー車(NEV)白書」によれば、NEVの市場シェア上位10位のうち、国産ブランドのシェアが56・2%にのぼり、海外ブランドは約12・2%にとどまりました。

EV(電気自動車)販売データをまとめたブログ「EV Sales」のデータによれば、2020年の世界EV販売台数の上位3位は、米テスラ(50万台)、独フォルクスワーゲン(22万台)、中国の比亜迪(BYD、18万台)となっています。

中国では近年、製造技術の高度化や産業チェーンの成熟にともない、斬新なデザインを取り入れたスタイリッシュな中国製製品が注目を集めています。

消費者が国産品に抱いていた「廉価」「低価格」といった固定観念を打ち破り、一部の国産品はファッション界の新鋭となっています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる