マレーシアの航空大手エアアジア・グループはマレーシアでの国内線と同国発の国際線の搭乗について、新型コロナウイルスのワクチン接種完了を条件としました。

また接触を避けるため、すべての乗客にスマートフォンアプリ「airasia Super App」によって事前チェックインを義務付けることも発表されました。

すでに同社では、直接接客する客室乗務員等のスタッフに加え、手荷物取り扱いや地上整備スタッフにもワクチン接種が行われていますが、ワクチン接種を乗客にも義務化しより安全性を高める狙いがあります。

目次

  1. エアアジア、すべての乗客にワクチン接種義務化へ

エアアジア、すべての乗客にワクチン接種義務化へ

エアアジアは10月6日、エアアジア・マレーシアの便においてすべての乗客にワクチン接種完了を求めると発表しました。

18歳以下の乗客で接種未完了者に対しては、接種済みの保護者と同乗することが求められています。

さらに、搭乗までの手続きにおいても「airasia Super App」によるチェックインを義務付けることにより、空港での接触を減らす考えです。同アプリにはホテルの予約から健康診断書、電子搭乗券も同時に含まれます。

なお、空港でのチェックインには原則として料金が発生するということです。

またマレーシア政府公式アプリと連携することにより、接種証明書などを簡単に登録できると発表しました。

他にも同社では、感染症対策としてマスク着用の徹底、各フライト後2時間に及ぶクリーニング、機内食の安全性についても声明で強調しました。

この声明ではエアアジア・マレーシアのリアド・アスマット最高経営責任者(CEO)は「ワクチンの義務化は顧客と従業員の安全を最優先した決定だ。またアプリを利用することにより、接触機会を減らした決済や搭乗が可能になる」と利便性を強調しました。

宗教上、また身体上の理由でワクチン接種をできない人々もいるなか、これらの取組がどこまで世界的に受け入れられるのか注視する必要があるでしょう。

<参照>
エアアジア:Travel Advisory: AirAsia will only accept fully-vaccinated guests on its flights

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる