旅行事業を手がける「東武トップツアーズ株式会社」は、「ソーシャルデータバンク株式会社」「株式会社アローリンク」「NoCode Japan 株式会社」と連携し、「スマートコロナパス」を開発しました。

10月21日の観光庁実証事業より運用開始となります。

目次

  1. LINE上で利用可能、PCR検査結果の提示が円滑に

LINE上で利用可能、PCR検査結果の提示が円滑に

今回開発された新アプリ「スマートコロナパス」は、国内でも利用者の多いLINE上で作動するダウンロード不要のワクチンパスポートアプリです。

自治体、観光事業者、イベント事業者などのLINE公式アカウントと友だちになることで、専用アプリをインストールすることなく各種サービスを利用できます。

これによりワクチン接種証明、および PCR 検査結果や抗原検査結果が登録され、旅行先や飲食店、イベント会場でワクチン接種状況やPCR検査結果の提示を円滑に行うことが可能となりました。

「スマートコロナパス」搭載機能(以下、東武トップツアーズ株式会社プレスリリースより引用)

  • 運営側による接種済証、PCR 検査結果等の確認健康管理アンケートや感染防止策の情報提供
  • ツアー内容、店舗情報、イベント内容などの掲載
  • PCR 検査結果、抗原検査結果の登録および提示
  • 新型コロナワクチン接種済証の登録および提示
「ワクチンパスポート」アプリ新開発、LINE上で利用可能に 東武トップツアーズ
(画像=▲スマートコロナパス:東武トップツアーズ株式会社プレスリリース、『訪日ラボ』より 引用)

前述したワクチン接種済証、PCR検査結果などの各種検査結果の事前チェックのほか、健康チェック機能も搭載しており、熱があるか、咳やのどの痛みがないかなどの旅行前後の健康

状態がチェック可能で、事業者側は回答内容や未回答者の有無を事前に確認可能です。

東武トップツアーズ株式会社によると、これからも人が集まることを前提としたビジネスの新型コロナウイルス対策に貢献し、人々が安心・安全に交流できる取り組みに寄与していくとしています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる