ロシアで新型コロナウイルス感染者数と死者数が過去最高を更新する中、ファイザー製のワクチンを求めてセルビアを訪れるロシア人が増えています。

目次

  1. 16万人がワクチン接種のためにセルビアへ

16万人がワクチン接種のためにセルビアへ

ロシアで開発されたコロナワクチン「スプートニクⅤ」は、世界70カ国以上で使用されているものの、世界保健機関(WHO)にはまだ正式承認されていません。

一方、ロシア国内では外国製ワクチンの接種が承認されていない状態です。バルカン諸国がワクチン不足に悩む中、セルビアはさまざななルートからワクチン調達に成功し、ワクチン接種のためにセルビアを訪れる渡航者が増加しています。

セルビア国内ではこれまで、ファイザー製、中国のシノファーム製、アストラゼネカ製ワクチンのほか、ロシアのスプートニクⅤが承認されていますが、反ワクチン感情が強く、これまでに接種を完了した国民は約50%にとどまっています。これに対し、ワクチン接種のためにセルビアを訪れた外国人は16万人に上っています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる