パリに本社があるマーケティング・リサーチ会社のイプソスが10月19日、国別ブランドランキング(nation brand)を発表しました。

今年度の調査では、ドイツが首位となり、2位にカナダ、3位に日本という結果になりました。日本は昨年から順位を1つあげ、イギリスを抜くこととなりました。

日本においては、輸出、観光、文化、人々の姿勢が評価され、2018年以来のトップ3となりました。

目次

  1. 国別ブランドランキング、日本が2018年以来の3位に

国別ブランドランキング、日本が2018年以来の3位に

イプソスが10月19日、国家ブランド指数(Nation Brands Index)に基づく国別ブランドランキングを発表しました。世界60か国が対象となり、6万人を対象にアンケートが実施された結果に基づいています。

このランキングでドイツが全体で7回目、5年連続となる1位でした。同社は、ドイツは世界から輸出、移民と投資、政治、文化の側面で評価されていると発表しています。

2位はカナダとなり、ガバナンス、人、移民および投資の各部門で世界1位のランキングを獲得しました。輸出、観光、文化面においても評価されています。

3位は日本で、輸出、観光、文化、人のカテゴリーで評価されています。

またパンデミックの影響で、世界的に訪問意欲が高まり、過去6年で最高となりました。

「国別ブランド」ランキング、日本は3位 観光面など評価。1位は5年連続でドイツ
(画像=▲世界各国への訪問意欲の平均値:イプソス社プレスリリースより、『訪日ラボ』より 引用)

一方、昨年2位だったイギリスは順位を落としました。人々が歓迎する空気を見せなかったこと、そして政府の環境問題への対処法でネガティブなイメージがついたと同社は指摘しています。

アメリカにおいても、かつては1位の常連国だったものの2021年には8位となりました。政治、観光、移民と投資のカテゴリーの部分で評価を落としています。ただし、これらの評価は回復しつつあります。

最終的に上位10位のランキングは以下のようになりました。

「国別ブランド」ランキング、日本は3位 観光面など評価。1位は5年連続でドイツ
(画像=▲世界各国のブランド力ランキングトップ10:イプソス社プレスリリースより、『訪日ラボ』より 引用)

日本が今回の調査で評価された観光面を強化することは、同時に日本のブランド力アップにもつながるため、今後も注力されるべきだと考えられます。

<参照>
Ipsos:Germany maintains top “nation brand” ranking, Canada and Japan overtake the UK to round out the top three

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる