中国湖北省では9月1日~12月31日の期間を対象とした消費促進策を進めています。

目次

  1. 「湖北消費券」の発行など様々な消費促進策
  2. 武漢市は「湖北消費券」適用外の消費者にも対応
  3. 消費促進策の効果は数字に表れている

「湖北消費券」の発行など様々な消費促進策

消費促進策では、10億元(約176億円)のクーポン券である「湖北消費券」の発行を実施するとしています。これは省内の小売店舗や飲食店などで使用できる割引券です。

さらに、特産品の育成・補助やナイトタイムエコノミー関連のイベント奨励、自動車の買い替え補助政策、小規模事業者への支援、ECなど新型消費の拡大支援、地方政府へ一時金を払い込むなどの施策も実施するとしています。

武漢市は「湖北消費券」適用外の消費者にも対応

この施策を受け、武漢市では消費促進策の展開が始まっています。

武漢市政府は9月18日に「武漢市の消費ポテンシャルを刺激し、消費のレベルアップを促進する若干の措置」を発表しました。

具体的には中秋節、国慶節、双11、双12に合わせて「湖北消費券」をAlipay・WeCha・美団・Mobile QuickPassの4つの電子マネープラットフォームを通じて計3億3,000万元分を配布する施策です。

その他にも、旅行・レジャー消費や旅行業の回復促進などの措置も盛り込んでいます。また、「湖北消費券」の適用外である湖北省外の消費者への施策も展開されています。具体的には湖湖北省農産品ブランドのサイト「荊楚優品」などの商品を購入する際に使用できるクーポン678万元分が配布されます。

消費促進策の効果は数字に表れている

実際に「湖北消費券」などのクーポン配布は効果を上げています。

湖北省商務庁によると、国慶節期間中(10月6日迄)に2億4,700万元分の「湖北消費券」が利用され、12億2,300万元の消費を促進する結果となったそうです。

また、10月1日から7日午後5時までの湖北省内の小売り関連企業36社の売上高は、前年同期比4.5%増の27億9,100万元となりました。これは新型コロナウイルス禍前の2019年同期比でも2.3%増となっています。

武漢市でも同様の結果が見られます。小売り関連の大企業8社の国慶節期間中の売上高は前年同期比16.1%増の5,247万元と、2019年同期比でも10.2%増となりました。

クーポン配布や消費施策を打ち出すことにより、国慶節期間の武漢市の消費は改善は達成しました。しかし上半期の総額は回復途上です。武漢市統計局の発表によると、2021年上半期の武漢市の社会消費品小売総額は3,068億8,700万元で、パンデミック前の2019年同期比は12.4%減となっています。武漢市政府は上述の施策以外にも、消費拡大を目的とした方案を打ち出しており、消費回復を図る姿勢をみせています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる