タイ国際航空は10月14日、2021年11月から2022年3月までの冬季運行スケジュールを発表しました。

発表によると、11月から1月にかけて、成田、大阪、名古屋へのルートを含む全36便の国際線が再開する見通しです。

なお成田、大阪、名古屋は11月から、羽田空港は来年の1月から運航が再開する見通しです。

同社は、「タイへの海外からの訪問者を歓迎するという政府の方針を支持し、国際線での空の旅の需要の高まりに応える」としています。

目次

  1. タイ国際航空、国際便の運航再開へ

タイ国際航空、国際便の運航再開へ

タイ国際航空は、11月から全36便において国際線を再開させると発表しました。

外国人観光客を隔離なしで受け入れるプーケットサンドボックスを支援するため、ヨーロッパの国々を対象に7便が運航する見通しです。

このほか、ヨーロッパおよびオセアニアで計10便、アジアで計19便が来年1月までに運行を再開すると発表されました。

日本からは、成田、大阪、名古屋で11月から週4便、羽田で来年1月から3便が運航を再開します。

タイ国際航空はこの決定に関し、「国の経済と旅行および観光産業の復活を目指す国のフラッグキャリア」として、コロナ対策を万全にしたうえで迎えると強調しました。

日本からタイへの入国に関して、外務省によると10月15日現在日本の「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書」、ワクチンパスポートが利用可能です。

タイ人の日本への入国についてもワクチン証明書が利用できるようになっており、相互に隔離期間が短縮されるような仕組みづくりができています。

国際便の再開により、往来が加速することが期待されます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる