横浜観光コンベンション・ビューローは10月13日、市内観光復興支援事業「Find Your YOKOHAMAキャンペーン」を前年に引き続き実施することを発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大が落ち着きを見せ始めるなか、一刻も早く横浜への観光需要の喚起・拡大と、地域経済の回復を図るものです。

目次

  1. 横浜市内観光復興支援「Find Your YOKOHAMAキャンペーン」、観光ツアー半額も

横浜市内観光復興支援「Find Your YOKOHAMAキャンペーン」、観光ツアー半額も

10月13日、横浜観光コンベンション・ビューローは市内観光復興支援事業「Find Your YOKOHAMAキャンペーン」を、前年に引き続き実施すると発表しました。

横浜への観光需要の喚起・拡大と地域経済の回復を目指し、感染拡大防止策を徹底したうえで、事業対象地域を神奈川県民に限定してキャンペーンを開始するものです。

着地型旅行商品の販売と宿泊客誘客プロモーションの2事業で、「GoToトラベル」などの割引制度実施の際に併用できる場合があります。

着地型旅行商品は神奈川県民限定で10月15日~12月末に販売予定で、横浜ならではの体験ができる日帰り着地型旅行商品を造成・販売し、市内の観光施設などに送客します。

横浜市助成により平日は50%、土日祝日は35%の割引が適用され、催行事業者は日本旅行で「ポケカル特設ページ」で販売されます。

宿泊客誘客プロモーションは市内ホテルでオンライン販売時の宿泊クーポンによるプロモーションを展開し、市内宿泊事業者への支援するもので、第1弾が10月15日10時頃~11月29日に配布されます。

宿泊対象期間は10月15日~11月30日で、オンラインでの宿泊予約時に宿泊金額に応じ5,000円、3,500円、2,500円の宿泊クーポンを利用でき、当初は指定プランのみ対象となります。

予算上限に達し次第受付を終了するもので、催行事業者はリクルートで「じゃらん特設ページ」で販売され、第2弾の実施時期は未定となっています。

今後の事業対象地域については、新型コロナウイルスの感染拡大・収束状況によって、弾力的に見直していくとしています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる