メディカルチェック推進機構と検査キット事業を展開するICheck社が、民間主導では初となる新型コロナワクチン接種証明アプリ「ワクパス」の提供を開始します。

各自治体が発行するワクチン接種証明をデジタル化するアプリで、Google PlayとApp Storeで承認され次第リリースされます。

目次

  1. 民間初のワクチンパスポート「ワクパス」登場へ

民間初のワクチンパスポート「ワクパス」登場へ

ワクパスは、新型コロナウイルスワクチン接種促進と、安心安全な社会活動の再開を目的としています。

メディカルチェック推進機構理事長の香山充弘氏は、発表会見で「企業とユーザーとの間を簡易な手続きでつなげて、社会活動を支援していくもの」と説明しました。

ユーザーも企業も無料で利用することができ、「ワクチン接種記録の管理」、「協賛企業によるユーザー限定の特典の提供」、「抗原検査キットの購入機会の提供」の3点がポイントとなっており、いずれも簡素化した手続きを強みとしています。

利用方法は、アプリをダウンロードし、携帯電話番号とパスワードで会員登録を完了してから、接種済証または接種記録の情報を記入して原本を撮影します。

続いて運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなど顔写真付きの本人確認書類を撮影して、プロフィール情報を入力します。

アプリ上には本人確認書類の写真のみ表示され、その他の個人情報については「十分なセキュリティ体制のもと、データサーバーで管理される」とICheck取締役の山口慶剛氏は説明しました

現在は協賛企業として、アパホテル、アトム、エイチ・アイ・エス、オリーブスパ、鹿島アントラーズ、かっぱ寿司、サンワサプライ、日本たばこ産業、東京商工会議所、とりいちずの10社が参加しています。

ワクパス利用者限定で提供する特典は、それぞれアプリ上でリスト化され、東京商工会議所の会員企業を含め、今後さらに協賛企業を増やしていくとしています。

さらに企業側のメリットとして、集客力の向上のほか、安心安全な労働環境や感染対策アピールによるブランド価値の向上が期待され、山口氏は「QRコードなどを用いないため、ITインフラにコストをかける必要がない」ことも挙げています。

民間主導の取り組みではあるものの、今後ワクチンパスポートの発行を計画する政府や、独自特典を提供する自治体との協力も視野に入れています。

海外渡航のための証明書や、陰性証明の管理、イベントなどの入場制限緩和などにも用途を広げていくほか、3回目のブースター接種にも対応していく予定です。

<参照>

トラベルボイス:民間初のワクチンパスポートが登場へ、接種済証を電子化、アパホテルやHISなど協賛企業の接種者向け特典も

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる