広島県は10月13日から、新型コロナウイルスワクチンを接種した県民を対象に、小型車マツダ3などを抽選で贈るキャンペーンを開始しました。

接種をためらう県民を後押しし、感染を低い水準で維持する狙いがあります。

目次

  1. 広島県、抽選でマツダ車などが当たるコロナワクチン接種率向上キャンペーン

広島県、抽選でマツダ車などが当たるコロナワクチン接種率向上キャンペーン

広島県が10月13日から開始したキャンペーンは、10月13日~11月30日に新型コロナウイルスの1回目接種を完了した人を対象として、県ゆかりの協賛企業の提供商品をプレゼントするものです。

広島県によれば、自動車販売の広島マツダ(広島市中区)がマツダ3を1台用意したほか、三島食品(中区)が「赤しそ飲料ゆかり」、青山商事(福山市)が「洋服の青山」などで使える商品券の提供を決定しており、随時追加されます。

あわせて10月13日から31日までに1回目を打った12~39歳には、もれなく買い物で利用できる1,000円分のポイントが付与されます。

希望者は2021年12月1日~2022年1月5日に、広島県の会員制交流サイト(SNS)を通じて応募し、商品の受け取りは2022年1月以降となる予定です。

県は事業費として5億1,200万円を確保し、キャンペーンの実施に加えて、接種率の低い10~30代に対するウェブ広告での副反応や安全性の情報発信なども行います。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる