10月13日午前に実施された参院本会議での代表質問で、岸田首相は観光需要喚起策「GoToトラベル」再開を目指すにあたり、制度を「抜本的に見直す」と述べました。

ワクチン接種証明や検査の活用により、安全・安心の確保を前提とするとしています。

目次

  1. 岸田首相「GoToトラベル」再開へ制度見直し、安全・安心確保を前提に

岸田首相「GoToトラベル」再開へ制度見直し、安全・安心確保を前提に

10月13日午前、岸田文雄首相の所信表明演説への代表質問が、参院本会議で実施されました。

岸田首相は、観光需要喚起策「GoToトラベル」再開を目指すにあたって制度を「抜本的に見直す」と述べ、「ワクチン接種証明や検査の活用による安全、安心の確保を前提とする」と説明しました。

公明党の山口代表は「観光や飲食産業から『Go To』事業再開を望む声が上がっている」と指摘し、首相は「週末の混雑回避の工夫や中小事業者への配慮も検討する」と言及しました。

再開時期については、新型コロナウイルス感染状況などをふまえた上で、慎重に検討するとしています。

感染状況について岸田首相は「足元では感染者数は落ち着いているが、楽観はできない」と指摘しました。

山口代表は感染再拡大に備えたワクチンや治療薬の国産化支援について質問し、首相は経口治療薬について「対策の大きな決め手で、国産治療薬の研究開発を積極的に支援する」と強調しました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる