ホスピタリティ評価とアドバイザリーサービスを提供する「LW HospitalityAdvisors」と不動産サービスを提供する「JLL Hotels&Hospitality Group」の調査結果によると、新型コロナウイルス感染の発生以前にマンハッタンで利用可能だった客室のうち、約1万1,100室が以前の形態で開業できない可能性があることがわかりました。

昨今のコロナ禍という情勢による宿泊者の大幅な減少など、都市部の宿泊市場が直面している課題が浮き彫りとなっています。

目次

  1. 1万1,000室が消失の可能性、しかし新規に約9600室の開設見込み
    1. 米全体ではニューヨークが大きな痛手を受ける結果に

1万1,000室が消失の可能性、しかし新規に約9600室の開設見込み

米経済雑誌Forbesによれば本調査で、新型コロナウイルス感染拡大以前、マンハッタンで利用可能なホテルの客室は約10万4,000室あったものの、うち約1万1,100室は、閉鎖やサイズ変更によって以前のような形に戻ることはないということです

一方、現在新たに開発中のホテルによっておよそ9,600の客室が開設される見込みのため、実際は1,500室程度の減少が見込まれます。

ニューヨーク市議会では休業中のホテルに対し10月11日までに全従業員の25%以上を呼び戻し、11月1日までに再開しなければ、元従業員らに退職金を支払うことを義務づける法案を可決しています。

数はそれほど多くありませんが、コロナ禍による宿泊業界への打撃もあり、ホテル側が上記の規定を守れず閉鎖に追い込まれる客室もあると考えられます。

米全体ではニューヨークが大きな痛手を受ける結果に

レベニューマネージメントサービスを提供する「Kalibri Labs」とホスピタリティ協会「AHLA」が9月15日に発表した調査結果によると、ビジネス目的の宿泊の収入でニューヨークが最も大きな損失を出しており、その他の主要都市も大きな損失を出すとみられています。

同調査のビジネス目的の宿泊に関して各地域の収益をみると、2019年と比較しニューヨークで約40億ドルの減少、ワシントンD.C.で約24億ドルの減少、サンフランシスコで約23.5億ドルの減少が見込まれています。

また、ホテル業界全体では2019年と比較して590億ドル以上の収益を失うと予想され、従業員数では2019年と比較し50万人近く減少するとみられています。

観光業全体で大きな被害を受け、各ホテルも事業を再考しているためホテル業界の水準が元通りになるかは見通せない状況が続いています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる