イギリスの調査会社「ヘンリー&パートナーズ」は、世界のパスポートを比較、調査した「ヘンリー・パスポート・インデックス2021」を発表しました。

この調査はロンドンに本拠地を置くヘンリー&パートナーズ社が、国際航空運送協会(IATA)のデータを用いて、199のパスポートと227の旅行先を分析し調査したものです。

目次

  1. 日本は4年連続首位維持、上位国と下位国での格差が顕著に

日本は4年連続首位維持、上位国と下位国での格差が顕著に

「ヘンリー・パスポート・インデックス2021」は国際航空運送協会(IATA)のデータに基づき、世界中のパスポートを、保有者が事前のビザなしでアクセス可能な目的地の数に応じてランク付けしたものです。

世界の約200か国のパスポートを対象にした同調査では、日本のパスポートが最も順位が高く、同率でシンガポール、2位は同率で韓国とドイツ、という結果となりました。

  1. 日本、シンガポール(192)
  2. ドイツ、韓国(190)
  3. フィンランド、イタリア、ルクセンブルグ、スペイン(189)
  4. オーストリア、デンマーク(188)
  5. フランス、アイルランド、オランダ、ポルトガル、スウェーデン(187)
  6. ベルギー、ニュージーランド、スイス(186)
  7. チェコ共和国、ギリシャ、マルタ、ノルウェー、英国、米国(185)
  8. オーストラリア、カナダ(184)
  9. ハンガリー(183)
  10. リトアニア、ポーランド、スロバキア(182)

一時的な渡航制限は考慮に入れていないため、実際に渡航できるかは別として、理論上、日本とシンガポールのパスポート保有者はビザなしで192か国に渡航可能です。

下位国は以下の通りです。

  1. アフガニスタン(26)
  2. イラク(28)
  3. シリア(29)
  4. パキスタン(31)
  5. イエメン(33)
  6. ソマリア(34)
  7. ネパールとパレスチナの領土(37)
  8. 北朝鮮(39の目的地)

上位の欧州諸国は新型コロナウイルス関連の渡航、入国制限、またそれに準ずる隔離措置など厳しく講じていいるものの、下位の多くの国は情勢に見合わず国境に関する制限を緩和していることが明らかとなっています

ヘンリー&パートナーズによると最初に本調査が発表された2006年以来、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い過去18か月に急増した旅行障壁が、国際的な往来に最も格差をもたらしたということです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる