全日本空輸(ANA)は10月1日、代表取締役専務執行役員の井上慎一氏が羽田空港で会見を行いました。

10月1日から全国で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除されましたが、政府が解除を正式に発表した9月28日の翌日から10月運航分の予約が急増しており、9月前半と比較して10倍になりました。

井上氏は、この状況について「去年(2020年)の今ごろと違うのは、ワクチン接種が進んでいるということ。2回摂取した人は59%、1回摂取した人は70%を超えていて、感染しない・感染させないという状況が移動を促進しているのではないか」と説明しています。

目次

  1. ANA、「宣言解除」で予約10倍に

ANA、「宣言解除」で予約10倍に

ANAは10月1日、代表取締役専務執行役員の井上慎一氏が羽田空港で会見を行ないました。

記者会見では、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の解除に伴い、航空券の予約が10倍にまで急増したと発表されました。

9月前半(1日~15日)は1日あたり約5,000名の新規予約だったところ、29日と30日はそれぞれ1日あたり約5万名の予約でした。

航空券の予約について、10月運航分の予約数は、8月までは横ばいのまま推移していましたが、緊急事態宣言が当初9月12日に解除予定だったこともあり、9月に入って増加へ転じていました。

9月中旬からは特に北海道・九州方面で好調だったということです。

この背景について井上氏は移動に対する期待の象徴だとして、国際線についても同様に往来しやすい環境を整えるよう要望しました。

そしてワクチンについては、「ANAグループ ワクチン接種応援キャンペーン」を実施しており、感染防止対策を実施しているということです。

キャンペーンではワクチン2回接種済み人を対象として、国内線普通席往復航空券のプレゼントの他、ワクチン接種済みもしくはPCR検査での陰性証明で特典が受けられます。

ワクチン接種率の高まり、そして緊急事態宣言の解除に伴う国内旅行再開がどこまで続くのか、注目が高まります。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる