インドネシアの人気観光地であるバリ島の観光が、10月から再開される予定です。

観光を経済成長のテコに位置付けるインドネシア政府は、バリ島の観光の早期再開を目指し取り組みを進めています。

目次

  1. インドネシア、10月にバリ島の観光再開の可能性

インドネシア、10月にバリ島の観光再開の可能性

9月17日、インドネシアのルフット海事・投資担当調整相は、人気観光地のバリ島について、10月にも外国人観光客の受け入れを再開する可能性があると言及しました。

インドネシアではデルタ株の感染が拡大していましたが、ワクチン接種の進展により感染者数が減少傾向にあります。

ルフット氏は、国内の新型コロナウイルスの感染状況の改善に触れたうえで、「この傾向が続けば、10月にバリ島を再開できる自信がある」と述べました。

ジョコ大統領の側近であるルフット氏は、首都ジャカルタを擁するジャワ島と、バリ島の感染抑制に向けた行動制限を担当しています。

またバリ島で観光客を受け入れる国として、日本のほか、韓国やシンガポール、ニュージーランドなどを挙げました。

新型コロナウイルスワクチンの接種完了の証明が条件になるとみられます。

インドネシアでは、国内の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、水際対策として2020年4月以降、外国人観光客の入国を原則禁止してきました。

ジョコ政権は観光を経済成長のテコに位置付けており、インドネシア政府は、バリ島を擁するバリ州に新型コロナウイルスワクチンを優先的に供給するなど、観光の早期再開に向けて取り組んできました。

<参照>
Travel Off Path:Indonesia Plans Reopening of Bali For Tourism In October

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる